秋の碓井・大糸線2004


突発的でありますが、埼玉・碓井経由で長野というか大糸線へ行ってきたり。
行く気はなかたったが、IRCで話をしていたら本当に行くことになり埼玉で友人と合流して長野へ行ってきました。
考えてみたらちょうど1年前にもアプト道を歩きに行っているんだよね。
新そばと紅葉の時期なんで、長野に行くのはいい時期なんだけどね。

さいたま市内から関越道で横川駅へ。休憩をかねて駅の近くを散策。
駅から少しいったところにある神社に沈砂式の水タンクがあったり、関所の跡があったりと横川付近はいろいろあります。
工事前場
踏み切り跡付近では路盤をくずして道を造っている模様。そのため、アプト道を歩くには別の道に迂回していくことになるけど
今回は大糸線へ行くし、一緒にいったいては歩くのがついらいんで10kmほどの山道を歩かせる訳にいかなんで(ぉ。
工事の今まで廃止になった踏み切りを通っていたが、路盤を削って道をまっすぐにするようです。
踏み切り跡から
工事の位置を踏み切りから見た様子。
1年前の様子
1年前の工事が始まる前の状態。
道路と立体交差にするだけのようなので、別に廃止にはならないけど路盤が削られてるのはちょっと(´・ω・`)。
再び横川駅へもどり玄米弁当と釜飯を購入。これらは本日の昼飯也。

・めがね橋

国道18号線の旧線を上って碓井第3橋梁めがね橋へ。
めがね橋へ上る前に新線の廃線跡へ。
めがね橋
紅葉に囲まれためがね橋。天候が悪いものの、絵になりますね。
めがね橋に登る前にまずは新線側の廃線跡とへ。
新線跡よりめがね橋を望む
新線旧下り線からめがね橋を望む。
天気は悪かったが、紅葉は今年のほうがいい感じ。あまり天候がよくなったが、色づき具合は去年の方が悪かったな。
ただ、今年もあまりよくないようで去年は緑が多いって感じだったけど、今年は色づく同時に散るって感じかな。
めがね橋よりを望む
こちらはめがね橋より新線側を望む。
相変わらずいつ列車が来てもおかしくない雰囲気。しかし、維持管理を考えるとやはり廃線で仕方ない感じです。
めがね橋から先は整備されるかどうか不明だが、第6トンネルの中をのぞいてみたら工事はしている模様。
路盤を固めて歩けようにしてたからもしかしたら熊ノ平まで歩けようになるかも。

・大糸線

碓氷峠から大糸線へ移動。ちょこちょこ寄り道をしたいったものの、本数が少ないため狙うは15時12分糸魚川発の普通列車。
とはいえ、谷間のなので光線状態はかなり厳しいがなんとかなりそうなんで以前撮った平岩駅へ移動。
カメラを構えて待っていたが、時間になってもこないためいったん車に戻ったら列車が来て撮影できず。
平岩駅にて
走行する姿じゃないか、こちらはこちらでいい感じ。ここで降りた人は大体は温泉へいく人で、駅前に宿の送迎も来てました。
しかし、列車が6分も遅れているとは思わなかった罠。仕方がないので、南小谷16時12分折り返しの普通列車を取るために移動。
位置としては中土〜北小谷間の谷間。すでに日が陰っていてつらいところだったけ、何とか撮影。
中土〜北小谷間
しかしながらあまりうまくいかず。ここに載せてるのは補正したやつだけど、やはり光線状態がつらい状態でした。

撮影をした後はゆ〜ふる木崎湖で温泉に入って、そばを食べてきました。
食堂の「ツインズコロッケ定食」なるものがあったが気にしないことにする(ぉ。
休憩しながらTVを見ていたら、浅間山の活動で噴煙が上がってたいってたが見たときは雲と思ってたんだよな。
火山灰も飛んでいるようで、なんとなく鼻がむずむずしてたからマスクを持っていってほうがいいかも。
今回は碓氷峠経由だったのであまり大糸線がとれなかったから次は国鉄色のキハ52の撮影のためまたいかないとな。


戻る