旭化成専用線跡


富士駅から分岐していた専用線のうちの1つに旭化成専用線がありました。

富士駅方面
旭化成専用線は富士駅から今も分かれている大昭和製紙専用線からさらに分岐し、ばらく東海道線に沿っていました。
廃止時期は不明ですが、昭和58年の航空写真ではまだ線路があり、昭和63年の写真ではレールがはがされているので
廃止は昭和58〜62年の間となるのでしょうか、大体は昭和59年〜62年に廃止になっているのでこの間でしょうか。
路盤
踏み切りを過ぎたところから南にカーブした路盤が残ってます。
草生していますがレールもちゃんと残ってます。
この跡しばらく跡そのままで残ってますが途中から工場の駐車場になってます。

小道が廃線跡
単なる路地に見えますが廃線跡です。この先は工場の駐車場になってます。
新幹線をくぐる
新幹線と交差する部分。レールを残したままアスファルトの歩道になってます。
踏み切りの柵
踏み切りがあったことを示すコンクリートの柵。遮断機とかもあったらしいが、それらはすぐに撤去された模様。
3年ぐらい前までは柵も道路の脇にあったようだけど、道路のアスファルトが新しくなってるので比較的最近に撤去されたのかな。
新幹線の高架下から
道路の先に廃線跡がそのまま残ってます。
南側を見る
廃線跡が途切れた道路から
ほぼそのまま廃線跡は残ってますが、道路で途切れています。
道路を横断していた場所
途切れた場所から道路側を観たところ。踏み切りの跡はまったく残ってません。
道路を渡った先
道路を渡った先にわずかながら廃線跡があります。
路盤跡はわかりにくいですが、コンクリートの橋が残ってますがその先は倉庫になってます。
コンクリートの橋
コンクリートの橋です。邪魔にならないので撤去されずに残っているのでしょうかね。
現役の時はこの先から少し言ったところでカーブを描いて旭化成の工場へと入ってました。
ただ旭化成の工場までの廃線跡はコンクリートの橋ぐらいで特に残ってないようです。

この廃線跡を利用してDMVを走らせて富士駅と新富士駅を結ぶという話があります。
一部は駐車場になっていますが、大部分は残っているので利用は可能ですが実際に走らせるかはわかりませんが。
これを使って以前にも身延線を新富士駅まで伸ばす話もありましたが、結局は立ち消えになってしまいました。
何度も再利用の話は出ては消えてますが、再利用される日はくるんでしょうかね。


戻る