身延線の貨物駅跡


今では貨物は完全になくなってしまった身延線ですが、昔は貨物輸送も盛んでした。
かつては稲子駅の稲子貨物駅と井出駅にあった福地第一、第二貨物駅っと今ではホーム一本だけの駅にも
貨物駅があったほどでした。しかし、これらの貨物駅は開業してわずか10年ほどで廃止になってしまってますが。
両駅ともわずかでありますが、貨物駅の後があるので見に行ってきました(笑。

稲子駅
稲子駅
静岡県の最後の駅で、片側ホーム1面の無人駅。
開業当時は稲子貨物駅があったが、廃止になり跡はない駅の前の広い部分のみ。
貨物駅は木材の輸送目的で作られ、位置はホームの山梨側に側線があったようだが今まったく跡はないです。
写真を撮った位置あたりも貨物駅であったようだけど、詳しくは不明。貨物駅自体の存在もかなり短かったためもあるようです。

井出駅
富士川と山に挟まれたわずかな平地にある駅で、ここも片側ホームのみの無人。
ここには福地第一、第二貨物駅と2つの貨物駅があったのだが、第一貨物の後だけが今も残されて保線用に使われています。
井出駅ホームから 踏切から
貨物駅跡のレールの端から
福地第一貨物ホームは今は駐車場になっていて、自由に入れます(笑。
福地第二貨物駅は井出駅のホームの富士よりにあったらしいが、今はまったく跡は残ってません。
第一貨物あとももっと長かったようだけど、そのような跡はないので実際はどうなのか不明です。
この貨物駅木材搬出用貨物だったが、第二に貨物は開業2,3年で廃止になり第一貨物も10年ほどで
廃止になったため貨物駅としての役目はかなり短かったです。


メニューへ戻る 次へ