counter
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

四日市の末広可動橋と貨物列車など
親戚の結婚式で親が名古屋へ行くことなったが、自分は暇なので友人と四日市へ。
四日市といえば、国内で唯一現役の末広可動橋や北海道での定期運用が終わった
DD51や第三セクターへの移行が決まった近鉄のナロー線があるので両方行くことに。
刈谷で友人と合流して、車で四日市へ。
まずは末広可動橋へいくのでJR四日市へ。
可動橋が動く時間はネット上や専用線の踏切小屋を覗くとわかるけど
到着した時間だと3時間ほどあるので、四日市駅近で暇つぶし。

関西本線は亀山までは電化されてるものの、四日市構内や塩浜の貨物船や末広可動橋のある
専用線は非電化なのでDD51で運行。
なので、DD51が定期運用されて大量に見ることができる貴重な場所。
構内が電化される話を見たけど、見た感じ工事が行われてる様子はないな。
DD51だけじゃなくてDE10もいたけど、入れ替えようだと思うけど塩浜までいくのかな?
まぁ、DD51自体あまり見る事もないんで、見れるだけでもいいんだけどね。
四日市駅近くで撮影しながら時間をつぶして移動。

DD51の貨物
DD51の貨物。

キハ85南紀
キハ85南紀。
最初にキハ85が投入されのはこっちで次がひだ。

DD51重連の貨物
DD51重連の貨物。
時期的に石油需要が増える頃かな。
JXなんで塩浜から。

末広可動橋へ行く途中、古い建物など誘惑が多かったけど四日市駅から線路沿いに南に向かう道路は
実はかつての近鉄名古屋本線で、四日市駅(駅としては別)を経由していたけど、善光寺カーブという
急カーブの解消のため1951年に路線変更して現在の位置へ移転。
急カーブだったのは伊勢電気鉄道という私鉄時代に四日市駅に乗り入れるためらいけど
近鉄の歴史は結構複雑なので語らない。
廃線らしいものはほとんどないけど、四日市駅南側にある橋が道路橋にしては変だなぁって思って銘盤の製造を見たら
伊勢電気鉄道昭和五年とあったので鉄道橋の転用だった。
ただ、年に関しては錆があって昭和三年とも読めなくも無いのでどっちが正しいのかは不明だけど。

近鉄の廃線跡
鉄道橋を転用した橋。
ガーター橋だから変だと思ったら、やっぱり鉄道橋だった。
伊勢電気鉄道は近鉄になる前の会社。

思ったより時間がかかったが、末広可動橋に到着。
可動橋は普段は上がっていて、列車が来る時だけ下がる方式。
列車が来るまで時間があるのが、必ずしも来る訳じゃないが作業員が繰れば動くらしい。
それまで待つことにしたけど、だんだん雲が増えてきて日差しがなくなり港なので吹きさらしなためとにかく寒い。
車を出たときは歩くと暑いぐらいだったから、フリースのジャケットは車においてきたけど失敗だったが
ハードセルを持ってたからきればよかったと帰りになって気づく。
寒いしまだ時間があるので、近くのローソンへ飲み物を買いに行って、戻ってきたらちょうど
作業員がやってきたので運行される事は確定。
動くのを見るために橋のたもとでまつけど、アングル的には対岸の方がよかったけど時間が無いので移動は無理。
動く時にサイレンが鳴るらしいけど、サイレンが鳴るときは動きだすのは同時でカメラをポケットに閉まっていたので
あわてたけど、かなりゆっくりなので問題なかったからよかったな。

末広可動橋
末広可動橋。
普段は跳ね上げた状態。

末広可動橋
降りた状態。


可動橋の動画。

可動橋が降りてしばらく間があって列車が通過。
通過速度もかなりゆっくり。
対岸にあるのは今は太平洋セメントの専用線のみなので、積荷はセメントのみ。
しかし、セメント輸送がほとんどなくなった今、可動橋を通過して輸送されとはすごいことだなぁ。

末広可動橋
DD51の貨物が通過。
何気に原色のDD51だったんだな。
通りで人が集まってきたわけだ・・・。

末広可動橋
可動橋を通過したあとは、対岸で入れ替えを行い、すぐ四日市へ折り返し。
橋は列車が四日市へ戻ってから再びあげるようで。

現在残ってるのは太平洋セメントの専用線だけなので太平洋セメント用の可動橋になってるけど
かつては四日市港という貨物駅があったほか、可動橋からまっすぐ線路が伸びていて太平洋セメントの専用線と
平面交差していた線路もあったけど今は全部廃止。
臨港地区だけあってかつては鉄道輸送がメインだったが、すべて廃止されてはいるけど面影は残っており
可動橋の手前にもかつての倉庫へ延びていた線路があり分岐してた跡がよくわかるんだよね。
さらにさらに国道23号線の陸橋の下あたにもかつての分岐してた跡があり鉄道輸送全盛期の名残が多いんだよね。

専用線の分岐跡
国道23号線の陸橋近くにある踏切から見たかつての分岐跡。
昔の航空写真を見ると専用線があちらこちらに延びてたんだよね。

可動橋を見た後は近鉄のナロー線の内部線と八王子線へ移動するため近鉄四日市へ移動。
ローソンで行く途中にうどん屋があったので、食べてみようと思ったがすでに閉店・。
オーダーストップは13時40分ってなってたけど、土曜日だから早かったみたいだな・・・。
| index.php?e=72 |
| 鉄道関連::貨物 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑

<